日本郵便へ申し上げる!

今日は硬派の怒りです。

日本郵便は、顧客が知らないことを良いことにして、ずるい儲けをしています。

それは代引き(郵便代引き、代金引き換え)における、グラム数計算のトリックです。

こういうことです、先ほど私が持参した荷物は、496グラム、代引き用紙(11グラム)を上に貼れば、507グラムになる。

500グラムで郵便料金は変わる。500以内は400円、超えて1K以内は600円。200円の差は大きい。

先ほどの窓口、これまで何度も、指摘して、わかってるはずのAさんですら、最初私に提示した料金は600円、用紙

の重さ11グラムを足して、支払わせようとした。

私は言いました、これまで何度も私の指摘をうけて、いつもは間違えずに、-11グラムしているAさんですら、このよ

うに間違える、全国津津浦々の郵便窓口、どれほどの方々が、黙って、高い支払いをしてるか、推して知るべしです

ね。

代引き用紙は、代引きの際に、郵便側が事務作業に必要な書類、その重さ、11グラムは、差し引いて、重量計算しなければならないはず、曖昧な計算方法は即、マニュアルにて、徹底してほしいむね、数年前に何度も指摘した、日本郵政に対し。

しかし、まだまだ、徹底されてない、推測は我が指摘を、無視してるのではないだろうか。

今日の午後、再び、いや三度かな、日本郵便に抗議の電話を致します。