名優ばかりの触発?!

近所に名優たちがウヨウヨ(笑)過日の橋の会公演・・・アキラちゃんは主役級を演じきった、芸歴は古い、もともと日常が舞台みたいな人だから、普段の会話で舞台台詞ができてしますタイプ、でも今回は、その部分で、一皮剥けた好芝居ができていた、芝居を終えてから観客への挨拶と笑顔も、例年になく感涙にむせいでいた・・・好演に大拍手!を差し上げたい。セキネさんはもともと芝居に熱心・上手な方、すべてに前向きが見てて気持ちいいね、今回も、主役の妹役をとても丁寧に、しっかりと演じていました。最終日のプロンプもお疲れ様でした。山城のおやっさんも、巧くなったねえ、素晴らしい!セリフも多いし、なにせ髭を生やしたボスぶりがさまになっていた。サマといえば過日の天心上映会で大活躍していただいたシンチャン、今度の芝居では、ナヨナヨした美術教師役、かつらも似合って、なかなかの俳優ぶり!天心上映では、チケットの売り方や、公演の持っていき方までご指導いただいた橋の会主宰者・木村先生、私のほうから評価表現差支えたい、すべてに非の打ちどころなき傘寿媼なのでありますから・・・まさに生きるとはこういうことだ!の人である。
てなわけで、周りの芸の達人に触発されたわけではないが・・・私もいつの日か、着流し姿にて、歌の一曲でも人前で歌ってみたくなってきた(笑)