エゴマの花を見、オクラを食べた

おはようございます。天気というものは半日の違いで大きく変わるものである。今日は素晴らしい秋空、昨日と今日が入れ替わっていたら、きっと今頃は、矢倉林道の稜線からの茨城県北の素晴らしい景観を思い起こして、書いていただろう。宇宙と気象の神秘にヒトは勝てない・・・。
神秘と言えば、植物もまた同じ。鮮烈なオクラの花を見たら、花はすぐに消え、脇芽に生じた実が大きくなっていた、雨の上がった昨夕、畑で採取、夕餉の晩酌、刻んでマヨネーズ&お醤油で味わった、美味い!感無量!
イメージ 1エゴマに花が咲いた!
イメージ 2初めての光景、ここからEPA&DHA豊富なエゴマ油誕生物語が始まるのですね、下は青紫蘇の花、兄弟だからとてもよく似てますね。
イメージ 3