ステビア?!

博士は仰向けになり本を読んでいた・・・
エゴマ博士の畑を見てからご自宅にお邪魔してきた、今である。
博士のいうように摘芯二回したから、我が8本のエゴマと、博士のエゴマは大幅な違いはなかった。安堵した。9月一杯は葉を摘める。種の収穫や油のことはその時に伺おう。
下の写真・・・上は私、下は博士のエゴマ畑です。
イメージ 1
イメージ 2
エゴマだけでなく、キウイフルーツ栽培でも著名な博士であるが、今日はまたまた、別の興味ある話をしてくれた。ステビアという野菜である。大津波で壊滅した東北の水田。そこにステビアを使ったら土地が生き返り、7割の収穫を実現できたという。「甘いんだ、食べてみた」とステビアの葉を摘んでくれた。
イメージ 3イメージ 4博士は時折、エゴマとステビアをミキサーにかけて飲んでいるという。90を越して知的関心旺盛、農業の実践家である博士・・・実に興味深い人物である・・・