講座終わる・・・

前坪橋に例の男が立っていた。なんと!鯉は一匹もいない!
男は言った「釣れないなあ」。釣竿もなにも持ってない。また何かしたのか?!私は言った。「おかしいなあ、いつも2,30匹はいるんだが」。あっちのほうへいったのかな、男が指差すのは下流。もしかしたら、男の姿に鯉が反応、逃げたのか。それなら良いのだが・・・。私は男に言った、優しく・・・。「この川はね、魚の棲まないどぶ川の時代が長かった。でもこの10年来、きれいになって魚がどんどん戻ってきている、大事にしないとね」。男もうなづいてくれたように私は思った。前坪橋・・・今朝の怪は、鯉の頭脳の勝利と思いたい・・・が。
 
先週今週と8日間続いた24時間コースのエクセル入門講座が昨夜で終わった。ホッとした。これでまた、今夜から6時半、7時から晩酌ができる。講座の最初に、講師先生の指導法にクレームをつけた男性が昨夜は来ていた。どうもこの方がエクセルのプロで、講座テキストも作成してるつわものだった。何を質問してもすばやく適切に答える。相対参照と絶対参照の部分、$マークをつけるのが絶対参照、「なぜ$マークなのか?これはマイクロソフトエクセルがアメリカで生まれたからです」とか「$マークのつけ方を極めればエクセルは卒業できます」などなど実に含蓄ある説明・・・舌を巻く感動がありました。
ちなみにこの先生に伺ってみました「入門編を終えまして、次初級を飛び越えて中級講座をやろうとしたら、ちんぷんかんぷんで付いていけませんでしょうか」。先生のお答え・・・「数か所を除いて全くついていけないこともないでしょう」。
生涯学習センターでは10月から後期のパソコン講座で、エクセル初級と中級があります。初級はもう締め切って一杯、中級には若干の空きがあるようです。チラっと好奇心もおこらないでもないですが、来年以降に考えましょう。仕事を終えて、晩酌タイムに毎晩三時間も頭の痛い勉強に向かうのは実にしんどい面も。でも一生勉強のわが人生方針からはまだまだ未知の多いパソコン世界、挑戦の道は続いていくものと思います。
 
講座の最後に3人の先生方へ受講生それぞれが感謝の感想を述べ合いました。ある主婦は「家族のおかずの準備もそこそこに通った8日間、辛かったけどやりがいを感じました。ありがとうございました」私はこんなお礼を・・・。「講座中に同窓会の出欠メンバー表作成がありましたが、ちょうど習った並べ替えシステムを使って、スムーズにいけました。ありがとうございました。まだまだ不明ですが8日通ったおかげで少しはエクセルを使いこなす自信ができたような気がします」
 
みんなの感想に24時間指導してくれたS先生も充実満足の目をされていたように私は感じました。先生方、心から感謝いたします。イメージ 1