久慈川の花火宴

昨夜は実に愉しい一夜だった。娘の嫁ぎ先・山方の花火を見ながら親戚同士で晩夏の宴。総勢20人。お父さんの所有ビルの屋上を簡易ビアガーデンに拵えての恒例行事です。去年だけ一回、私の都合で欠席してしまったが、何ともオツな宴である。太田の花火と違って1時間、連発するから見ごたえがある。町の経済力はわが町以上なのかといえばそうでもあるまい、それでも花火の打ち上げ迫力がでかいのは町の結束力?行政や企業団体の援助?ま、とにかく、旨い生ビアそして冷酒だった。「来年はモチョット見ごたえある場所から魅せますから・・・」て舅さんは言う。ん?!楽しみだね。イメージ 1