輪島に遊ぶ

wajimakiriko 旅の二日目、珠洲市を9時半に出発、路線バスで、能登さとやま空港へ。そこからまた、路線バスで、輪島へ。駅前というから、鉄路かとおもいきや、道の駅前の意味でした。過疎化、若い方々は金沢や、関西名古屋、あるいは東京へ、出て行って、祭りのときだけ賑わう・・・いずこも同じ人口減現象、仕方ありませんね、我が国の人…

続きを読むread more

再会と新しき出遭い

asasanpo 夕食のあと、素晴らしい出会いが二件、ありました。一人は綾子さん。彼女は去年の深澤県北芸術祭で、西日本からわざわざ、常陸太田にいらしてくれた方、背が高く、すらりとして、夢とロマンに生きる美人です。奥能登芸術祭では、知人のアーティストが最果てのキャバレーという企画作品をされるために、瀬戸内海から車を運転して珠洲市…

続きを読むread more

旨い!珠洲のホテル!

僕の最近の旅は皆、JTBに切符とホテルは頼む。飛行機でも列車でも、切符の手配は結構面倒だ、そして宿泊先も、なるべく当たり外れがない方が快適だ。ゆえにJTB。良いと思う。 さて今度の奥能登の旅、宿泊先は珠洲市の珠洲ビーチホテル。平成8年かな、豊かな海づくりのイベントの際、天皇皇后陛下も泊まられたところだから、地域一番の豪華さだろう、眺め…

続きを読むread more

墓参完了・・・ホッとする

初めての奥能登の旅、深澤アートを観ることの他に、もう一つの大事な要件があった。ホントなら、この奥能登・珠洲への旅は、今から14年前、親戚の叔母たちと一緒に来るはずだった。 その年、そうです、2003年、能登空港が出来た年、私の街では、平安の昔から1200年続いている祭り、金砂神社大祭礼が10日間行われた年です、染色作家だったか、陶芸家…

続きを読むread more

奥能登探訪報告その1

懐かしい人に逢え、二つの目的を叶えただけでなく、また新しい友も出来た。奥能登の旅は、我が人生でも印象に残る1ページになった・・・。 先ずは、現代アーティスト・深澤孝史、人物との再会そして愛娘にちなむ「神話の続き」の話から・・・。 能登空港に到着、タクシーで宿泊するホテルに向かった。深澤君らとお昼を共にする予定だった。まてよ、午前中確…

続きを読むread more