父の帰還 私も旅を終える

父の自伝・夏山のしづくでは、なぜか戦争の終結を8月16日としていた。単なる勘違いなのか、生きているうちに聞いておくべきだった。5年でも10年でもこの宮古島で生活していく心構えをして、食料の自給自足作戦なども研究していた、その時、全員、兵舎の前に集合命令が出た。父は本の中でこう書いている。「何か重大な予感がした。隊長殿は静かに不動の姿勢を…

続きを読むread more