好演光る!

「過保護、過干渉、進学中心の考え方、生きる目標の浅薄化、「自子中心」の親たち・・・。過酷なイジメの実態といじめられる子の苦痛、自殺に至る子供を思うと胸が痛む・・・。」 毎年、現代世相と社会問題の真相に肉薄する切り口で市民劇を公演している常陸太田・劇工房橋の会、主宰する女傑・木村夫伎子さん、17回目の今年はイジメと自殺をえぐった「親…

続きを読むread more