胸のすく判決

大飯原発の昨日の福井地裁判決は、国民の希望願望切望を汲んだ実に胸のすく内容だった。 まず、福島第一原発事故を踏まえ、まず樋口裁判長は「生存を基礎とする人格権は憲法上の権利であり、法分野において最高の価値を持つ」と述べた(朝日記事から抜粋)。 具体的には判決の中で「原発の稼働が電力供給の安定性、コスト低減につながると主張するが、当裁判…

続きを読むread more