合掌

水戸に棲んでいた叔母が101歳で亡くなった、昨日荼毘と別れの会をごく親しい親戚で行った。合掌。火葬の担当者がびっくりする骨量だった。はやり丈夫な方は骨がしっかりしてるようだ。叔母はとても頭のいい人だった。 若いころ真珠王御木本さんのお宅に棲んで、子供さんの面倒をみたり行儀見習いをされたそうで、料理の味付け盛り付けは天下一品、英語も話す…

続きを読むread more