南三陸への定期便

われらが同窓生で仙台に住むA君(常陸太田大使)の寄稿文「南三陸へ常陸太田からの思いやり」が今日到着の太田一高同窓会報48号に載っていた。彼の〆の言葉の意味合いにホロリ。 「していることはささやかでしょう、でも人を思いやる心と、受ける人たちとの交流の重さ深さは計り知れないほど大きい 」

続きを読むread more